Topics&Information 旅行記 タヒチ

タヒチはランギロアとモーレアに行って来た

昨年の12月に続きGWを利用してタヒチへ。

往路のTN87便は全クラス満席。今回はエコノミークラスを利用です♪
成田を出てしばらくすると夕食です♪チキンを選びました。日本とタヒチには19時間の時差があります。

成田を出て10時間ちょっとでタヒチはパペーテに到着です。朝食はソーセージたまごを選びました。

到着後現地係員から国内線のチケットやホテルへのクーポンなどをもらい国内線へ。
ランギロアに向かいます。約1時間のフライトです。

到着前には美しい環礁が眼下に広がります。

ランギロア空港に到着すると今回最初の2泊お世話になる「ペンション・セシル」の係員が出迎えてくれます。

ランギロア ペンション・セシル

今回のタヒチ訪問の目的は、慢性的なホテル不足と高騰する旅費を少しでも解消出来る事の可能性を探る為です。

特にランギロアは、一番人気の「キアオラ リゾート&スパ」ホテルが改修工事に入る為、ますます部屋の確保が難しくなります。

ランギロアには、ペンションが沢山あり欧米の方が沢山宿泊されています。また日本からは、ダイバーの方が多く利用されています。

最初の2泊は、ペンション「セシル」に泊まることにしました。

ペンションセシルの夕食

ペンションセシルにはオーシャンビューが7つ、ガーデンビューが2つの9棟のバンガローがあります。部屋には天井固定ファン,蚊帳、ホットシャワーがありますが、ホテルにある様な設備はありません。初めてのタヒチやハネムーン、海外旅行に不慣れな方にはお勧めできません。

砂が敷き詰められたラウンジ兼レストランでビュッフェスタイルの夕食、朝食がサービスされます。
また24時間コーヒー紅茶とウオーターサーバーを利用できます。

夕食は近海で取れた魚がメインに用意されます。ワインやビールもお手頃な価格で提供されています。食後にはデザートも提供されました。食事はなかなか美味しかったです♪

ランギロア2日目

ペンションセシルの朝食

コンチネンタルスタイルのビュッフェです♪
あったかいパンケーキやヨーグルトも用意されています。

リーフアイランドとブルーラグーンへ

昨年の12月は海が荒れていて行く事が出来なかった

「リーフアイランドとブルーラグーン」の1日ツアーに参加です♪

今回はイタリア、フランス、カナダからのお客さんとご一緒しました。Ohotu(オホトゥ)にある港からスピードボートに揺られる事1時間でリーフアイランドに到着です♪水しぶきを浴びるので水着で乗船ですね!島に上陸後は岩場も歩くのでマリンシューズをお忘れ無く!シュノーケリングをしなくても魚を沢山見る事ができます。ガイドさんが島の端迄案内してくれます。腰まで浸かりながら歩いて溶岩でできた岩の先には外洋が見る事ができます。

ブルーラグーンで昼食

リーフアイランドからスピードボートで45分。
ブルーラグーンに到着です♪ボートから降りて浅瀬を歩いて上陸します。

ランチタイムです♪

名物「ポアソンクリュにチキンステーキとパスタ」です♪大好物ポアソンクリュはWで頂きました♪

お腹もいっぱいになったのでビーチを散策してるとサメの大群です♪
危害を加えないそうですが、あまりの数にちょっとビビりました。

イルカに出会えるティプタ・パスへ

ブルーラグーンからスピードボートに揺られる事75分、野生のイルカを見ることができる「ティプタ・パス」へ移動です♪

何頭かのイルカが現れましたが、残念ながら写真に収めることはできませんでした。その後は近くの灯台の近くでシュノーケリングタイムです♪

朝からボートに揺られ、1日太陽を浴びていたので少々お疲れモードで港に戻り、それぞれの宿泊先まで送ってくれます。

2日目の夕食

今夜のメニューはマグロの刺身に、マヒマヒのグリルとデザートはチョコアイスです♪
刺身とマヒマヒはおかわりしました。

冷えた「ヒナノ」ビールが体に染み込みました。

ランギロア3日目

ペンションセシルの朝食。朝からポアソンクリュと骨付き豚肉のグリルでボリュームたっぷりです♪
とても愛想のいいスタッフさんです♪

朝食の後は「Tiputa」側にあるペンションジョセフィーヌに移動です♪空港を背にして右側が「Avatoru」左側の端が「Ohotu]村になりますが道路は1本なので迷う事はありません。

ペンション•ジョセフィーヌ

空港から5キロ、野生のイルカを見ることが出来る「ティプタパス」にも近く食料生活雑貨店やレストランとモツへの船着場にも徒歩圏内に位置します。

部屋の設備はホテル並みで冷蔵庫、ヘアドライヤー、セイフティボックス、ミニバーなどが備わっています。ただしシャワーを連続して利用すると途中で緩くなってしまう事がありますので注意が必要です♪

野生のイルカ

チェックインの後は早速ホテルの自転車を借りてティプタパスへ出かけました。

ティップタパスは地元のサーファーにも人気の場所です♪しばらく海を眺めていましたが残念ながらイルカには遭遇出来ませんでした。

ペンションに戻り波に音を聴きながら飲んだヒナノビールがとても美味しかったですネ。

ペンション・ライララグーン

夕食までの時間を利用して他のペンションとホテルを見学。

先ずはマイタイランギロアの隣の「ライラ・ラグーン」です♪

敷地も広くビーチの側にはレストランもありリゾート感に溢れています♪バンガローが10棟、部屋にはエアコン、セイフティボックス、ミニバー、冷蔵庫等ホテル並みの設備が完備されています。注意点としては、キャンセル料の発生が早い所です♪

マイタイ・ランギロア

ライララグーンの隣にあり、食料生活雑貨店も直ぐの所にある全38室のバンガロータイプのホテルです♪
前回はこちらにお世話になりましたので今回は外観の写真だけです♪

「キアオラ」がクローズの後は唯一のホテルとなります。

空港で一休み

ライラ・ラグーンとマイタイランギロアはAvatoru側に位置しています。ジョセフィーヌの自転車で訪れましたが、キアオラホテルがあるのはTiputa側になります。向かい風が強く思う様に自転車が進みません。途中空港のカフェで昼食を取ることにしました。

ハンバーガーと水の値段はパペーテの半分くらいの1000パシフィックフランでした。ランギロアはWi-Fiが繋がりにくいところが多いですが、空港は無料で利用でき速度も速く画像などもサクサク送れます。前回もライン通話やPDFを送る際には空港まで来て処理をしました。空港の前にはビーチが続いています。

Ohoutu村の雑貨店

空港ですっかり長いをしてしまいました。

ジョセフィーヌ迄5キロの道のりを自転車で戻るのですが逆風で思う様に進まないので「キアオラ」には明日行くことにして気合いを入れ直してチャリにまたがりました。
すっかり喉が乾いたのでジョセフィーヌの近く雑貨店でヒナノビールを2本購入しました。何と日本円にすると1000円ちょいです♪誰か円安を止めてと心の中で叫びました。

港には2軒ローカルレストランもあります。

ジョセフィーヌの夕食

お腹も空いていたので19時からの夕食が待ち遠しく感じました。今夜のメニューはマグロの刺身にマヒマヒのサフラン米添えとデザートは大きなパンナコッタでした。夜はライトアップされます。

ランギロア4日目

ジョセフィーヌの朝食。コンチネンタルスタイルで、焼きたてのパンケーキが出ました。

朝から爽やかなスタッフの美女です♪

朝食後はキアオラ・ランギロアへ

ランギロアで唯一の高級リゾートですが、改装工事に入ります。キアオラの後3軒のペンションを見学しました。規模的にはバンガローが5-6軒の所が多く設備は、最低限な物が殆どです♪

ランギロアは水の環境が島の特性で充分ではないので大きなタンクに雨水を溜めて、シャワー等に利用している所が多く温水がない所もありました。多くのペンションは、毎日ダイビングを楽しむダイバーさんが中心で日本からの宿泊者もその方達が多いとの事でした。また早くから取り消し料が必要になります。
ただ朝食夕食が含まれる所が殆どなので旅費を押さえることは可能です♪ペンション泊をお考えの方はお問合せ頂ければと思います。

ジョセフィーヌ2日目の夕食

今日も一日中自転車に乗りペンション見学をしていましたので待ち遠しい夕食時間です♪
前菜はマグロ刺身をオリーブオイルで、メインはサーモンステーキとデザートはパイナップルのパイでした♪
さすがグルメペンションでリピーターの方が多いのが頷けました。今夜も大満足でした。

5日目はモーレア島に移動です

ジョセフィーヌの朝食後、空港へ。
国内線でパペーテに戻ります。左側に座ると着陸前にモーレア島が見えます。

モーレア島へはフェリーで

船の待ち時間を利用してフェリー乗り場にもほど近く新たにオープンする「マイタイ・エキスプレス」を特別に見せていただきました♪


7月には開業との事で最後の仕上げに忙しくされていました。ホテル周辺はカフェバーやレストランも多く、島から戻ってきて1-2泊するには、とても便利なホテルです♪

ソフィテル•モーレアへ

フェリー乗り場から4キロ、空港から2キロに位置する高級リゾートです♪

ガーデンバンガロー、ビーチバンガロー、水上バンガローが112室。レストラン2つバー、スパ等が完備されています。最近NHKが見れる様になりました。バスタブ付きの部屋数が限られています。

Moorea Green Pearl Golf Course

ジャックニクラス設計のパー70の18ホールのゴルフコースです♪

アウトの9ホールは海沿い、インの9ホールは山側にあり雄大な景色が楽しめますが、バンカー、池が巧みにあり初心者には、難易度が高いかもしれません。またブッシュに入るとボールを見つけるのが大変なので、いつもより多くのボールを持参くださいね。

ゴルフ場を後にベルベデール展望台へ

ゴルフ場から右手に海を見ながらしばらくドライブすると目の前に上を向いた髪の長い女性の横顔に見える「モウアプタ」山が現れます。


また偶然「虹」を見ることができました。さらに山道進むとベルベデールの展望台に到着です♪正面には「ロツイ山」右手に「クック湾」左手に「オプノフ湾」が見えます。途中には古代ポリネシアの神殿「マラエ」の遺跡やパイナップル畑を見ることもできます。

モーレア島には多くのハイキングコースがありマリンスポーツ以外の楽しみ方がありますが、山に入る時には安全のために専門のガイドさんにお願いする様にして下さい。

Niu Beach Hotelへ

ベルベデール展望台を後に今回のモーレア島の目的である、オープンしたばかりの「Niu Beach Hotel 」へチェックインです♪


フェリー桟橋から直接来た場合は45分ほどです♪白いバンガローが16室。全室にフルキッチン、リビングとテラスが付いています。大人3名又は大人2名に子供2名の宿泊が可能です。また6室は2階があり大人5名又は大人4名に子供2名の宿泊が可能です♪
ただレストランは無く、朝食のみが可能となります。ホテル近くにはレストランと食料品雑貨店があります。

ホテルハイビスカスへ

Niu Beach Hotel 周辺を散策しながら途中レストランや雑貨店を見ながら10分ほど歩くと「ハイビスカス」ホテルです♪

丁度サンセット時間だったので夕陽を見る事に♪Niu Beach Hotel からも同じような夕陽が見ることが出来ると思います。

ハイビスカスでの夕食

サンセットが終わるとハイビスカスホテルのレストラン「サンセット」で夕食を頂きました。何を食べるか迷っているとツーリストメニューが目に入りました。

3コースで4500パシフィックフラン(約7000円)はお値打ち価格なので早速注文しました。前菜はマグロの刺身にご飯添え、メインはマヒマヒのココナツソースに大盛りご飯(笑)デザートは大盛りフルーツポンチ。メインのご飯は少ししか食べれませんでした。(ごめんなさいです)

Niu Beach Hotel の朝食

朝食はブッフェスタイルです♪暖かい卵料理もあります。大きくはないですが開放的なレストランは、朝から爽やか気分にしてくれました。

ホテル向かいに有る「モツ」へはホテルの無料のカヌーで行く事が出来るそうですが、今回は時間の関係で行く事が出来ませんでした♪次回は是非行って見たいと思います。

モーレアを後にフェリーでパペーテへ

もう明日は帰国です♪最終日はモーレア島へのフェリー乗り場の向かいにオープンしてまもない「コンティキ」ホテルです♪

こちらもプール等は有りませんが、7階にはレストラン、屋上にはバーもあり、ホテル隣にはカフェバーがあります。徒歩数分の所には「マイタイエキスプレス」があります

パペーテでの夕食

人気のスポーツバーに行って見ました。ハッピーアワーでドリンクが半額でした。
大ジョキをオーダーしつまみに大好物のポアソンクリュを頼むとまるでマグロ丼みたいにご飯が付いていました。メイン料理はと聞かれましたが大ジョキとマグロご飯でもう何も入りませんでした(汗)

もう帰国です

今回はランギロア島に4泊、モーレア島に1泊、パペーテに1泊の6泊8日の日程でした。空港からはモーレア島が綺麗に見えました!またおいでよと言っている様でした♪

復路は、プレミアムエコノミーです♪2席、3席、2席の配列で前後のピッチもゆったりです♪

飛び立ってしばらくすると朝食です♪後はビデオを3本見ていました。小腹が空いたのでカップ麺をいただきお昼寝です♪

成田到着2時間程前に昼食です♪完食です♪

タヒチに来ると帰国後体重計に乗るのが怖いですね。食事が美味しくてボリュームがあるので、いつも2キロは太ってしまいます(汗)

今回はランギロでペンションに宿泊しました。

ペンションの中にも設備がホテル並みの所もありますが、ほとんどの所はミニマムの設備の所が大半でした。また取り消し料が直ぐにかかるなどの制約があります。ボラボラ島やモーレア島等の豪華リゾート滞在を求める方には不向きですが、何を目的にランギロアを訪れるのかによりペンションの選択が変わって来ると思います。朝夕食付が大半で飲物代もリーズナブルでした。お問い合わせ頂ければと思います♪



このページの上まで戻る